放任主義万歳!2009/11/18 10:46

君の名は
“click!”マークのついた全ての画像がクリックで大きくなります。

白く可憐な姿を目にするたびに、うれしさいっぱい。
なにしろこの子たちは、プランツ・キラーの異名を誇る hummingbird が
種から育てて実が成るまでに漕ぎ着けた
トウガラシの花たちなのですもの。

そもそも、なんでわざわざトウガラシを育てようなどと思ったのか。
ある日突然、おいしい葉トウガラシの佃煮が食べたくなちゃっただけのこと。
ところが、このエリアで、店頭に葉トウガラシが並んだことはなく
だったらダメ元で育ててみるかという、遠大且つ安直な企画。

料理用に購入していたトウガラシから、種を取り出して
物は試しと発芽実験に取り掛かってみたところ
かつて挑戦した柚子の勝率には遠く及びませんでしたが
いくつかの種から、無事、愛らしい芽が姿を表しました。

芽が出~て~♪

茶色の親指でヘタに手をかけても、と、放っておいたのが幸いしたのでしょう。
発芽後も順調にスクスク育つトウガラシ。
「もうちょっと生い茂ったら、収穫~♪」
と思いつつ成長を見守るうちに、アニハカランヤ愛着倍増。

実が成って~♪


次々に花を咲かせ、次々に実の成るトウガラシが可愛くて
当初の目的、葉トウガラシの収穫は棚上げ。
今暫く、緑・白・赤のナチュラル・クリスマス・カラーを楽しむべし
という状態にまで。

ほったらかし農法に味をしめたhummingbird 。
次なる企画は、一度にたくさんは要らないけれど
欲しいときには、近所のスーパーでは間に合わず
かといって、わざわざ、日系スーパーに足を運ぶほどのことでもなし。
そんなお野菜の代表格のひとつ、青ジソの葉。

日系スーパーにシソの苗が登場するたびに
今までは、茶色い指をくわえて眺めていたけれど、いっちょやってみるか!
とばかりに入手した、手のひらに乗るほど小さな小さなシソの苗。

トウガラシと同様、やりすぎは禁物と心して
hummingbird の担当はお水のお世話と、成長祈願。
あとは、本人の生命力と、太陽と風と土の力を信じて
ここまで大きくなりました。
葉・穂・実 三兄弟


こちらは、摘んでも摘んでも新芽が登場。
お陰で、我が家は、常にフレッシュなシソの葉、穂ジソ、シソの実の
シソ三兄弟が待機中。

茶色の親指ならではのほったらかし農法。
今後も、放任主義に適した植物との出会いを求めて
楽しい実験に取り組んでみよっかな~っと。

最後に。
hummingbird が初めて発芽に挑戦した例の柚子たちの
その後の様子を、ご覧いただきましょう。

のんびり、のんびり


驚くほどの、成長ぶり、というか、成長しないぶり、というか。
さすが、柚子だけのことはありますね。
十ヶ月あまりの間に、それぞれ、5~10㎝ほど伸びただけ。
今後、どのような変化が見られるのか、見られないのか。
これもまた、放任主義に徹し、ひたすら見守り続けることにいたします。




←人気blogランキングに参加中。ポチポチお付き合いくださいませ♪

迷惑コメント多発のため、コメント欄を承認制に変えさせて頂きました
何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます m(_ _)m

Dreams Come true ナダルな日々2009/09/22 13:41

黄昏の摩天楼
※“clic!”マークの付いた全ての画像が、クリックで大きくなります。

TVのこちら側から祈るように応援を続けていたhummingbird。
辛抱タマラズ、一念発起。
男子シングルス・クォーターファイナル開始直前にチケット探しを開始。
セミファイナル & ファイナルのチケット入手可能と判明した段階で、こりゃ、行くよ。
行くっきゃないっしょ、とばかりにあらゆるシガラミを掻い潜り、夢を叶えに東の空へひとっとび。

そうは言っても、スーパー・ウルトラ・ドタンバ・プラン。
手に入ったチケットは、巨大スタジアム最上階。

BILLIE JEAN KING NATIONAL TENNIS CENTER


USオープンおなじみの大地球儀をも下に見る、世にも急斜面なお席。

US OPEN MEN'S SINGLE FINAL


例え、そんな、遥か彼方のプレーヤーが小人の国のリリパット状態のお席だったとしても、アーサー・アッシュ・スタジアムで、生USオープンを味わえるシアワセは筆舌に尽くし難く。


更にっ!

去年に引き続き、終盤近くになっての悪天候で、多くの試合が順延となった今年のUSオープン。
いかに自然相手のお天気任せが大前提と理解していても、スケジュール調整に追われた主催者、そして試合に向けて体調を整えなくてはならなかった選手たちは勿論のこと、観戦を楽しみにしていた多くのテニス・ファンにとって、雨が涙か、涙が雨か。

男子シングルス・クォーターファイナル“ナダル VS ゴンザレス”戦をはじめ、いくつもの試合を途中でストップさせた上に、翌日は丸々全試合を中止させた無念の雨。またその翌日も、降ったり止んだりの繰り返しに、諦めて家路につく人の姿、数知れず。

多くのファンにとって無念の雨となった事実を百も承知で、それでも敢えて申し上げますれば、我が家は、その雨のお陰で、予定外のチケットを入手する僥倖に恵まれたのでございました。

ARTHUR ASHE STADIUM


それも、なんと、バリバリかぶりつきのコートサイド。
グランドスラム大会で、この位置をゲットできたなんて…
生まれてきてよかった…(T-T )

それにしても、待ち時間が長かったこの日。
試合が行われるのか、中止になるのかの判断が下されるまで、結局7時間以上待つハメに。
飛行機に乗ってパロアルトに戻っても、余裕でお釣りがきちゃうぐらいの時間ですわ。

なんて戯言ホザキながらも、中止を覚悟でお知らせを待つ、雨上がり待機隊は、それなりの楽しみを見つけるべく、先ずは腹ごしらえ方面の充実を図ります。
どんな環境にあっても、我が家にとって、外せない大切な営みです。

CHAMPIONS BAR & GRILL

☆ 業務連絡 ~ にゃこりん様へ ~~☆☆
にゃこりん様御用達のエドベリさまのお名前、ご覧いただけます?


アーサー・アッシュ・スタジアム内のレストランチャンピオンズ・バー & グリル
壁の高い位置に飾られた歴代の優勝者の名前を眺め、ひとりひとりの活躍に思いを馳せながら、ほどよくスパイシーなロング・アイランド・クラムチャウダーを皮切りに、東海岸のシーフードを存分に味わうひととき。
よきかな、よきかな。

加えてこのエリアには、VIPの方々もご登場。
エスコートを従え威風堂々とすれ違うオバサマがキング夫人だったり、通りすがりに微笑みを交わす殿方がジェラルド・バトラーさまだったりして、ミーハーこころが充たされること、この上なし。
試合が始まれば、目の前に繰り広げられる様々なドラマ。
話題の、怒ったセリーナさん。

怒ってる人


スタジアム中が騒然となるほどの迫力のあまり、いつもに増してピンボケ画像になっちゃいましたの。
ごめんあそばせ。

そして。
「いつか必ず」と夢見たことを叶えるために一念発起してここまで来たものの、本来、観戦予定になかったクォーター・ファイナル“ナダル VS ゴンザレス”戦の後半を、ベスト・ポジションから応援することになるとは。
それこそ、夢にも思わぬこの展開。

快勝。
そして、この笑顔。

VAMOS RAFA!


一転、翌日は完敗のセミ・ファイナル。
上がり調子のデル・ポトロとの戦い。
膝の故障に加えて腹筋を痛めたナダルにとって、それは、あまりにも高いハードルだったのかも…と、言い訳ひとつせぬプロフェッショナルな本人の代わりに、お節介なファンのこころは、あーでもない、こーでもないと千々に乱れ…

それでも、きっと帰ってくる。
故障を治し、より強くなって、ナダルはきっと帰ってくる。
世界中のファンの、そして、誰よりもナダル自身の大きな夢を叶えるために
ナダルは必ず帰ってくる。

そのときには、また、コートサイドから応援できますように。
益々もって、あらたな夢に燃えるhummingbird なのでございました。

燃えるものがある人生って…
最高ぉおおおおッ!

残る課題は、いかにしておサイフを充実させるか。
ドリーム・ジャンボッ!
カム・トゥルーーー!




←人気blogランキングに参加中。ポチポチお付き合いくださいませ♪

迷惑コメント多発のため、コメント欄を承認制に変えさせて頂きました
何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます m(_ _)m

お知恵拝借2009/02/14 19:19

レイニーシーズンの虹
↑クリックで画像が大きくなります。

ここ暫く、一段と気温が下がり、時折りザーザーと激しい雨の降るパロアルト。
ちょうど一週間前、先週の金曜日の遅い午後、厚い雨雲の隙間から、儚い虹が現れました。

確か去年も同じようなことがあったはず…と、過去ログを遡ってみれば、ありました、ありました
雨雲と虹だけではなく、花粉症と風邪っ引きまでもが昨年同様。
来年こそは、スッキリとした気分で、この光景を眺めたいものです。



虹から3日後の月曜日。
降ったりやんだりの一日の終わりに、しっかり姿を現したまん丸お月さま。
満月の夜を、控え目に過ごしてくれた雨雲様に感謝。

そして、ヴァレンタインズ・デイを迎えた日本の皆さまから遅れて、まだまだ、13日の金曜日の真っ只中の本日、お菓子作り名人の友人が、こ~んなにラブリ~&テイスティ~なサプライズを届けてくれました。



純白のフレッシュクリームを背景に、真っ赤なイチゴのハートが胸ときめかせるヴァレンタインズ・ケーキ。フンワフンワなスポンジ2段の間には、クリームチーズ入りのムースに包まれたイチゴとマンゴが、たっぷり。
目にも舌にも訴えかける愛の使者に、うっとり~♪

と、体調不良ながらも、なんだかんだと日々“うれしさの素”が。
我が人生、村上春樹サマ言われるところの“小確幸”に満ち溢れまくり。
などと、おめでたいことを言ってる自分が、つくづくありがたい。

そんなおめでたい我が人生を、このところ更に盛り上げてくれているのが、こちら。



うふ。
簡易ミニチュア・ビニールハウスなんですぅううっ!

遡ること、一ヶ月半。
今よりも、も~っとず~っと風邪引き状態が悪かった昨年の暮。
ちょっと気分が良くなってきたことを幸いに、大晦日の午後、ギリギリのタイミングでお節料理の材料を買い出しに。
見事なまでのやっつけ仕事で新年を迎え、その勢いのままお正月を終え、燃え尽きるように再度半病人状態に戻り始めた1月半ば、冷蔵庫の中から、不覚にもお節料理に使い忘れた柚子1個発見。

いや~ん、だ~い好きなのにぃいっ!
せ~っかく買ってたのにぃいっ!
こ~んだけ貴重品なのにぃいっ!

流石にだいぶ干からびかけているにしても、傷んでいないことがせめてもの救いと、早速、皮を冷凍保存。かろうじて残った果汁をぎうぎうと絞ってみても、採取できた果汁は超微量。その代わり、一個の柚子の中に、なんと26粒もの種が隠れておりました。
そして、その中に、一粒。
すでに発芽し始めている種があったのです。

スカスカの実の中で芽を出しそうな種をひと目見てしまったら、とうてい別れ難く。
一粒の種に愛着を持ってしまったら、残りのお粒ちゃん達とだって、当然別れられず。

そもそも、実がなるまで9年だの18年だのと謳われるお柚子サマ。
この種のうち、いったいどれだけの種が発芽するものやら…
こうして、26粒の柚子の種全員を育ててみようプロジェクトがスタートしたのでございます。

とはいえワタクシ、名にし負うプランツ・キラー。
加えて、大の虫ギライ。
自慢ぢゃないが(というより、立派な汚名)、これまでの人生、病虫害に強く、枯らしても死なないぐらいダイハードな草木しかお世話したことがありません。
勿論、種から育てた経験なぞ皆無に等しく。
お種サマ達の運命や、いかに。

ドキドキ&ウキウキのままに、簡易ミニチュア・ビニールハウスを見守ること2週間。
一つの鉢から、小ちゃな芽が覗いていました。
それから毎日、一鉢づつ芽が出てくるようになってきて5日目にはこの通り。



それからも、プランツ・キラーの心配を吹き飛ばす勢いで怒涛の発芽。
あれよあれよという間に、12兄弟が誕生しました。

本日、ラブリ~&テイスティ~をプレゼントしてくれた友人と、緑の親指を持つ彼女の友人に里親さんになってもらうべく、4鉢を里子に出しました。
今、我が家では8兄弟がスクスクと成長中。
そして14粒のお種ちゃん達が、発芽待機中。



発芽したお種ちゃん達のうち、これまでのところ5粒が双子ちゃんでした。



こちらは、双子ちゃんと言っても、かなりの時間差攻撃。



そして、唯一の三つ子ちゃん。



付け焼刃でネット検索してみたところ、結実までには長期を要する柚子でも、意外に発芽率は高いらしく、4割6分の発芽は、それほど驚くことでもないようです。
どの情報を見ても、複数の芽が出た場合には、強い芽を選んで間引くように記されていますが、小ちゃな芽の誕生を見てしまうと、とても間引く気になれません。
そもそもこれが、プランツ・キラーの所以でしょうか。

それはさておき。
ここまできておいて、ナンなんですが。
今後、この子達をどー育てていくのか、それが問題。

これまたネット情報によると、お柚子サマは、病虫害に弱い、と。
更に、水はけの良い土壌でゆったり育成とあっても、アパート住まいに地植えは論外。
となれば、せめて、できるだけ大きな鉢に植え替えてベランダで育てようと考えていたところ、屋外に出せば、殆ど100%、その葉を好んで、hummingbird 苦手中の苦手の生命体が、山ほど喰らい付いてくるだなんて!

そうとなったら、室内飼い必至。
今後、少なくとも8個の大きな鉢との同居生活に突入か?

忘れられた柚子の中で芽を出し始めていた一粒の種に愛着を持ったばかりに、人工的な環境で実験的な発芽に挑戦してはみたものの、生体に適した快適な状態を提供できないのみならず、個体にとって必要とされる間引きさえ遂行できないなとど、あたかも、近年巷間で話題になった、八つ子を生んだ14人の子を持つシングルマザーのごとく、身勝手で無責任で無計画な話だといういうのに…
芽吹いた命を眺めれば、どうしたって喜びに満たされてしまう、たわけた奴で、まっこと申し訳ない。

こんな条件の下、揺ぎ無い悪条件No.1要因であるプランツ・キラーのワタクシが、この子達を無事に育てていくために、お柚子サマ育てに関する情報をお持ちの方は、是非、ご指南くださいますよう、よろしくよろしく、お願い奉り申し上げます。


←人気blogランキングに参加中。ポチポチお付き合いくださいませ♪

迷惑コメント多発のため、コメント欄を承認制に変えさせて頂きました
何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます m(_ _)m